2000.8.26

死ぬかと思った!

jiko-7.jpg (76022 バイト)jiko-12.jpg (67195 バイト)

8月26日午前10時頃、

国道1号線の京都と大阪の境界に位置する洞ヶ峠(右)を京都方面に向けて、

信号待ちのため洞ヶ峠交差点にて停車中のことでした。

9tトラックが、じゅくちょーオッデッセイに時速40km(?)でとつぜん追突してきました。

右の写真は事故の後に撮影したものですが、

ガラスの破片は、じゅくちょーオッデッセイのものです。


追突の瞬間

jiko-5.jpg (76781 バイト)jiko-15.jpg (80596 バイト)jiko-6.jpg (82036 バイト)

  ドーンという衝撃音とガシャーンというガラスが割れる音がして・・・・

何がおきたのかわからず、でもブレーキを踏んでいるはずの車が前へスリップし、10mくらい流されて・・・・

事故? え?  どこ?   どれ?・・・・でバックミラーをみるとガラスがない!

そのとき、やっとこの車だとわかって、

「逃げられたらアカン!」ととっさに、

携帯で110番や・・・・車のナンバーを書き留める紙はどこ?・・・・いやデジカメの方が早い・・・と考えていたら、

そのトラックがハンドルを左に切って逃げはじめた!

追いかけなければ!

いやデジカメでナンバーを撮影して・・・・いや110番・・・・いや紙に書いて・・・・いや携帯・・・・・うわわわ・・・・逃げられる・・・と思っていたら、


事故直後  

そのトラックは左の洗車場へ入っていった。

よかった!こちらはアクセルを踏んだら動いた!!ゆっくり踏んで、洗車場へ私も入りました。

やくざ見たいなやつだったらどしょ〜!

先に一発かました方の勝ちや!どすをきかせて「なにやっとんねん!オマエ〜!」と言おうとしたら

jiko-4.jpg (77401 バイト) jiko-1.jpg (86074 バイト)
jiko-3.jpg (72953 バイト) jiko-13.jpg (75742 バイト)

トラックの兄ちゃんの方から謝ってきた!

ほっ!

「救急車よびましょか?大丈夫ですか?」

「おい、免許証だせ!」と言ったら、

あわてて出してくれたので、免許証を受け取って、あとは安心して(!?)話が始まりました。

  何度も「救急車!救急車!」と言ってくれたので、いい人だと一安心!

「こっちの身体は大丈夫なので、先に警察呼びましょう!」というと、

携帯を取り出して、「はいはい」となかなか素直で、手際がよい!

パトカーが来るのを待っている間、話をしていると、次にようなことがわかりました。

  はじめていく配達先だったので、地図を書いた紙切れをみていたら、信号に気づかなかった。

じゅくちょーの車にも気づかなかったらしい。

で、信号の前で車が止まっていることに気づいたのは5m手前で、

とっさにハンドルを左に切ったら、左後ろにガシャ〜ンと追突した。

そのまま、2つの車がくっついた状態で10m滑っていった!

幸いなことに、周りには他の車はいなかったので、よかったですが、

もしいたらもっと大変なことになっていたでしょう。


犯人は事故ベテラン!

パトカーがなかなか来ないので、いろいろ話した。

以下は犯人がしゃべってくれたことをまとめたものです。

聞いてないことまで、いろいろとべらべらしゃべってくれた。

事故慣れしているのか、異常なくらい平静でした。

   「これで今年3回目の事故なんです。

2月に人身事故を起こして、いまも裁判中なんです。

相手は薬指と小指がない人で、ナイフで切り落とされている人。

1週間前にもおばあさんが乗った単車にぶつかって、おばあさんは入院中です。

さいあくや〜!

自損事故はいままで10回くらい。去年は3回。僕はいま35歳です。

結婚は5年前にして子供もできたんですが、2年前に別れちゃいまいた。

子供は前の嫁さんが連れていった。その方がいいかなって思って。離婚したのは別の男ができたから。

まあ、僕の方も悪いから仕方がないです。(←聞いていないのに勝手にしゃべった!)

あそこの助手席に乗っているあいつは、僕のいまの奥さんです。

まだ籍は入れていないんですけどね。

家はあってないようなものなんで(?意味不明)、いつもあいつはトラックに乗せています」

jiko-2.jpg (72853 バイト)

jiko-14.jpg (78107 バイト)

 


  警察が来て現場検証が始まりました。

警官に、仕事は?と聞かれて「海星学院」と言ったら、

名前も所在地もよく知ってくれていたので、うれしかった!

やったぜ!

でも、喜んでいる場合じゃな〜い!

jiko-11.jpg (79950 バイト) jiko-9.jpg (70836 バイト)
jiko-8.jpg (80857 バイト)

     現場検証が終わって、

パトカーに先導されて、八幡警察署に向かい、事情聴取が終わって、

そのあと犯人と一緒に、念のためにレントゲンを撮ってもらおうということになって、

八幡中央病院に行った。

支払いはもちろん犯人にしてもらわないといけないので、そのことを言ったら

「もちろんです。金額がわかったら、会社に連絡して、会社の事故担当の者が支払いに来ますから。

はい。ぼく、こういうことにはなれているので、まかせて下さい!」

と自信満々に言ってくれました。へんなやつだ!

  レントゲン検査の結果は異常なし。

事故扱いの診療のため保険は使えないらしく、20,372円だった。

その会社からも、じゅくちょー携帯に電話が来て、丁寧に謝ってくれたが、

マニュアル通りというか、すごく慣れている感じ・・・・!そんなに頻繁に事故が起きるの?

  家に帰って、ホンダクリオ近畿に修理の依頼(もちろん運送会社の保険で!)の電話をしたら、

じゅくちょーオデッセイ担当の営業マンは、すでに知っていた!

びっくり!

どうしてわかったのかというと、別の営業マンが事故現場の横を通りかかって、

オデッセイが事故っているのを発見。

店に戻って、コンピューターに車のナンバーを入力したら、

「枚方店で買った江川さんのオデッセイ」だとわかり連絡が来た、ということ。

なかなか感動モノのシステムですね。ほれました!


  幸い、今のところ身体に支障はなく生きています。

衝撃もそんなになくって、自分の車?って思ったくらいだから、よかったです。

写真を見ると、誰が見ても大事故ですよね!

オデッセイはリアガラスから運転席まで他の車に比べて離れているので、

それがよかったのかもしれません。

あのとき、後部座席に子供たちが乗っていたら、

ガラスの破片で、体中血だらけになっていたのはまちがいありません。

そんなことを思い出しては、背筋がぞっとします。

みなさんも、気をつけて下さいね。

jiko-10.jpg (77940 バイト)

おわり。

死ななくて本当によかった!